事件とは

入浴後の女性

皆さんは品川美容外科をご存じですか。訴訟を語る上で欠かせないのがこの美容外科の存在です。裁判沙汰になると様々な手続きや面倒事があるのですが、何か具体的な訴訟を知っておくと随分とスムーズに物事を運ぶことができます。今回は品川美容外科事件について学びましょう。 数年前、品川美容外科においてある事件が起きました。といっても些細な事件です。患者さんが施術の費用を払っていないにも関わらず、既に払った旨の主張をし品川美容外科との争いが発生したというものです。両者のいざこざは一向に収まる気配を見せず、ついには訴訟にまで発展する事態になりました。 結果的に領収書の提出ができないことから患者の主張が認められず品川美容外科が勝訴することとなりました。さて、この訴訟から私たちが学ぶこととは一体なんでしょうか。

日本は他の先進国に比べて訴訟が少ないと言われていますが、実際それは間違っていません。訴訟大国といわれるアメリカと比較すると、裁判の発生件数は三分の一であり、日本人が物事を争いごとを避けたがる傾向がうかがえます。 しかしながら、少ないながらも年間で数千件の民事訴訟が起こる日本、その内の一件がこの品川美容外科事件でした。この事件では契約書の有無が勝敗を分けました。しかし、最初から手続きがしっかりとしていればそもそも訴訟にする発展しなかったはずです。このことから、物事の際には始めに準備をしっかりと済ませることが重要といえるでしょう。 誰でもいざこざに巻き込まれる可能性はあります。決して他人事ではありません。気を抜くことは敗北につながるでしょう。